Q&A

 

Q 1 はり・きゅう治療は、なぜ身体にいいの?

A 1 注射や薬のように一時的に症状を抑えるのでは無く、身体の表面にある経穴(ツボ)に、はり・きゅうの微かな刺激を加える事により、血液の循環を良くし新陳代謝を高めますので、人間に生来備わっている自然治癒力(異常を正常に戻す力)を増進します。

つまり、病気の予防と身体に無理なく自然な回復のお手伝いができるやさしい治療法だからです。

 

 

Q 2 副作用があるのでは?

A 2 薬剤には多少なりとも副作用がありますが、はり・きゅう治療にはそういう心配はありませんので安心して治療を受けることが出来ます。

 

 

Q 3 はりは痛いのでは?

A 3 当院で使用する「はり」は髪の毛くらいの細さで、蚊が刺す程度にしか刺しませんので、ほとんど無痛です。

 

 

Q 4 お灸は熱いのでは?

A 4 米粒位の小さなもぐさを燃やしますので、我慢できる程の熱さです。熱いというよりも、「チクッ」と感じる程度です。

 それでも我慢できない方には紙のシールを使う事によりさらに熱さを緩和でき、灸の痕も残りにくくなります。

 

 

Q 5 一度治療を受けると癖になるって本当?

A 5 はり・きゅう治療を受けて、こりがほぐれたり、痛みが軽くなったりと、いろいろ心地の良い効果が出た場合、その状態を維持するためにくり返し治療を受けたくなるのは当然のことと思われます。 お風呂にたとえると、気持ちが良く清潔になるから、毎日お風呂に入りたいと思っても、誰も癖になるとは考えないでしょう。それと同じようなことです。麻薬のように依存症や禁断症状もないので心配ありません。

 

 

Q 6 はりを受けると他の病気に感染するのでは?

A 6 当院で使用する「はり」は、すべて使い捨てですので、エイズ、肝炎など他の病気の感染は全く心配ありません。

 

 

Q 7 痔や婦人科疾患の時、患部を治療するの?

A 7 女性の方は特に気にされると思いますが、痔や婦人科疾患に関わらず、患部から離れたとこによく効く経穴(つぼ)があるので、患部は治療しません。

ただし、肩や腰などの場合は必要に応じて患部付近に治療することもあります。

 

 

Q 8 高血圧でも大丈夫?

A 8 高血圧といってもいろいろ原因がありますが、はり・きゅう治療によって血圧が安定する場合も少なくありません。

慢性の高血圧の方は降圧剤を服用してある方が多いと思いますが、はり・きゅう治療を併用することによりさらに血圧が安定し、中には薬の依存度が軽くなられる方もおられます。

 

 

Q 9 妊娠中でも大丈夫?

A 9 妊娠中の薬剤使用は、胎児への影響も考えて慎重にならなければなりませんが、はり・きゅう治療は副作用の心配も無く、妊婦の様々な症状(つわり、頭痛、肩こり、腰痛、風邪、便秘、足のむくみ、お腹の張り、逆子等)の改善が期待されるので、健康でいい状態での出産を迎えるために、とても役に立つ治療法です。

 

 

Q 10 赤ちゃんや子供でも大丈夫?

A 10  「赤ちゃんにはりを刺すのはかわいそう」と思われる方も多いでしょうが、皮膚を軽く摩擦したり接触させるか、刺しても1〜2㎜程度の軽い刺激ですので、注射のように赤ちゃんや子供が痛がることはありません。

 新陳代謝の激しい赤ちゃんや子供には、軽い刺激で内臓の働きを活性化させ、抵抗力のある健康な身体づくりを促進しますので、安全なはり治療はたいへん望ましいのです。

 

 

Q 11 風邪で熱や咳などが出ている時でも大丈夫?

A 11 私たちは生来もっている免疫機能のおかげで、細菌やウイルスに侵されずにすんでいますが、疲労やストレス、冷えなどによって身体の抵抗力が弱った時に風邪を初めいろんな病気にかかりやすくなります。

はり・きゅう治療は細菌やウイルスに対する抵抗力や免疫力を高める作用がありますので、病気の予防はもちろんのこと、熱や咳などの諸症状にも効果的です。

 

 

Q 12 癌にも効くの?

A 12 はり・きゅう治療で癌を治すことは困難なことです。しかし、西洋医学の治療に伴ういろいろな副作用(食欲不振、嘔気、倦怠感、頚肩こり、頚部痛、胸痛、腹痛、手術後の痛みなど)や、末期癌による精神的・肉体的苦痛を完全とは言えませんが少しでも和らげることが期待できます。

 

 

Q 13 治療を受ける時の服装は?

A 13 肩や腰など一部位のみの症状でも、脈を診て全身(主に手、足、お腹、背中)を治療しますので、お腹や背中が出しやすいように上下の別れた服を着て来て下さい。手は肘、足は膝までまくることができれば結構です。

症状により肘や膝より上方を治療する場合はズボンやスカートを脱いでもらうこともありますが、ベッドはカーテンで仕切られていて、毛布やタオルケットも用意していますので着替えは不要です。

 

 

Q 14 保険は効きますか?

A 14 現在通院している病医院の保険医に、はり・きゅう治療の同意書を書いて頂くと、健康保険で治療が受けられます。(一部疾患のみ)

また、唐津市在住で20歳以上の方(所得制限があります)、玄海町在住者、二丈町在住者、佐賀市の国保又は後期高齢加入者、佐賀市在住で65歳以上の方、佐賀県職員互助会会員、佐賀県教職員互助会会員は、治療費の助成が受けられます。

交通事故で被害を受けた場合は、加害者加入の自賠責保険で治療費を負担してもらうことができます。

© 2015 by Acupuncture quhon-in.